医療ダイエット

① ブドウ糖再吸収阻害薬(SGLT2阻害薬)治療

SGLT2阻害薬とは・・・・

腎臓で糖を再吸収するたんぱく質(SGLT2)を阻害し、糖を尿中へ排泄するお薬です。
糖尿病治療薬として保険適応があります。
薬の作用によって、1日あたり約400キロカロリーのブドウ糖が尿中へ排出されるため、ダイエット効果が期待できます。
商品名としてカナグル、スーグラ、フォシーガ、ジャディアンス、デベルザ、ルセフィ等があります。

SGLT2阻害薬による減量効果

各薬剤で多少違いありますが、減量効果があることが報告されています。
(平均で-3%程度、50kgの人なら1~2kg、70kgで2kg程)。
日本では、肥満治療としては保険適応が無いため、自費診療になります。

  • 例:カナグル100mgの減量効果 カナグル100mgの減量効果

    海外でのデータ:12週間後の体重変化率は、-2.9%であった。

    日本人での糖尿病薬としての臨床試験における、体重評価
    日本人での糖尿病薬としての臨床試験における、体重評価 結果:4週間以降は有意差をもって体重が減少しています。
  • 例:カナグル100mgの副作用

    頻度の多いもので、頭痛12%、尿路乾癬8%、外陰感染症5%(すべて女性)等。

SGLT2阻害薬を使用できない方

  • ・SGLT2に過敏症・アレルギーの既往のある方
  • ・心臓、腎臓、肝臓、膵臓に異常のある方
  • ・糖尿病既往や現在治療中の方
  • ・大きな外傷や手術を控えている方
  • ・妊婦、授乳中、または妊娠の可能性のある方
  • ・尿路感染症や性器感染症のある方

当院では主にカナグル100mgもしくはルセフィ2.5mgを採用しています。
朝食前か朝食後に1日1錠内服します。 異常を感じたら、再診してご相談ください。

副作用

この薬の特徴として服用中はのどが渇くことがありえます。水分をしっかりと摂ってください。その他、吐き気、食欲減退、便秘、腹痛、倦怠感などが見られる場合があります。

腎盂腎炎、低血糖、ケトアシドーシスというような症状もあると言われていますが、これらの症状が起こるケースはとても稀なのでほとんどの方は気になさらないで大丈夫です。気になる症状が出現した場合は、医師にご相談ください。

② GLP-1内服(リベルサス)ダイエット

GLP-1とは体内に存在するホルモンで、食欲を抑制する働きがあります。
欧米では肥満治療薬として用いられています。

GLP-1製剤はこれまで注射のみしかありませんでしたが、新たに内服薬(商品名:リベルサス)が発売されました。日本では糖尿病治療薬として保険適応になっており、肥満治療薬としての保険適応は無いため、自費診療となります。

リベルサスの減量効果

糖尿病治療薬として、世界中で承認されており、副次的に減量効果があることが報告されています。海外では、GLP1注射製剤が肥満治療薬として承認されていますが、飲み薬ではまだ承認されていません。 ただし、内服GLP-1製剤でも注射と同様に減量効果は確認されています。
GLP-1製剤の減量効果を比べたレビューが報告されており、GLP-1製剤の中で減量効果が高いのは、ビクトーザ(注射)、オゼンピック(注射)、リベルサス(飲み薬)の3剤であることがわかっています。

以下、GLP-1製剤による研究の体重減少効果に対するグラフです。(注意:これらの研究は糖尿病治療に伴う、副次的な減量効果を評価したものです。)

GLP-1製剤による研究の体重減少効果

GLP-1製剤(リベルサス)の特徴

  • ① 成功しやすい。

    ダイエットには正しい食事管理が最も重要です。
    最も重要である食事管理を強力にサポートしてくれるのがGLP-1ダイエットです。
    GLP-1は食欲を抑える作用があり、「1回の食事で食べ過ぎない」「間食をしないようにする」と言った、ダイエットの基本である食生活の改善を強力にサポートしてくれます。
    自然と摂取カロリーが減るため、健康的に体重が落ちていきます。

  • ② 継続しやすい。

    ダイエットでは食事管理が最も重要です。
    自分で食事をコントロールできればよいのですが、食事管理はストレスを感じやすくうまく行かないことが多いです。
    GLP-1ダイエットでは自然に食欲が抑えられるため、ストレスを感じにくく継続できます。
    (※欧米では高度肥満治療に保険適応で合って、すべてのダイエットに保険適応というわけではありません)

  • ③ 注射ではなく、飲み薬

    GLP-1に興味はあったが、注射のため抵抗感があった人にも安心です。
    1日1回の内服で、GLP-1ダイエット治療を始められます。

注意点

GLP-1ダイエットの高いダイエット成功率が注目される一方で、間違った広告が問題になっています。特に効果や副作用について、間違った情報には注意してください。

我慢・努力は一切なし!楽して痩せる!
ダイエットをする意識があれば、強力なサポートになります。ただし、あくまで食事管理をサポートするもので、何もしなくても自動的に痩せるわけではありません。
つらい思いは一切なし!
どんな薬剤にも副作用のリスクはあります。特に、消化器症状で、気持ち悪さ(吐き気)が出る人もいますので、初回は慎重に始めます。
1カ月で10kg体重減少!
リベルサスは摂取カロリーを適切に調整し、食べ過ぎないことでダイエットをサポートしてくれるダイエット法です。
最初の2週間で2kg以上のダイエットに成功する方は結構いらっしゃいますが、1か月で10kgのような急激な体重減少を狙ったダイエットではありません。
(1か月で2桁の減量自体間違ったダイエットですし、健康被害があります)

GLP-1ダイエット飲み薬(リベルサス)の使い方

① まずはリベルサス0.3mgで治療を開始して、3か月間継続します。
② 食欲が止まらなければ、3か月後に0.7mgに増量します。
③ 食欲が止まっていれば、その量を維持量として継続します。
④ どうしても食欲が止まらない場合、高度肥満の方は14mgまで増量します。
(ただし、14mgまで増量すると、消化器症状の副作用が多いです。)

本剤の吸収は胃の内容物により低下します。
1日のうちの最初の食事・飲水の前に、空腹の状態でコップ約半分の水(約120mL以下)で服用します。服用後少なくとも30分は、飲食及び他の薬剤の経口摂取を避けます。

ポイント

  • ・服用前の絶食時間を作る。
  • ・服用後の絶飲食時間を長めに。(添付文書では30分以上。2時間程度あけるとより良い。)
  • ・水は、少量がよい。
  • ・錠剤の添加剤も影響する。同じ容量であっても、7mg 2錠より、14mg 1錠の方がよい。
副作用

治療初期(特に1か月以内)に胃部不快感・胃が張っている感じ・頭痛・便秘・下痢といった消化器症状が出ることがあります。